高輪クリニックの総合診療で脱・金属アレルギー!

歯科と内科、東洋医療と静養医療を調和させた「和合医療」を実践 事前検査・カウンセリングを医師と歯科医師が協力して丁寧に実施します。

まずはお気軽にご相談下さい
高輪クリニック院長 Dr.陰山の無料メール相談はこちら 高輪クリニック院長 Dr.陰山の無料メール相談はこちら お電話でのお申込み・お問い合わせはフリーダイアル0037-6001-2597 高輪クリニック 東京都港区高輪4-23-6 ハイホーム高輪201号MAP

歯科と内科、東洋医療と静養医療を調和させた「和合医療」を実践

MAP

こんな症状、身に覚えはありませんか?

  • 花粉症である
  • おでこがかゆい
  • 頭痛、肩凝り、疲労など、体調不良が続いている
  • なんだかぼーっとする。物忘れ、記憶力や集中力の低下がひどい
  • 金属製アクセサリー(ネックレス、ペンダント、ピアス等)を長時間つけて、皮膚がかぶれたことがある
  • 金属製アクセサリーをつけた箇所や、下着が触れている箇所の皮膚がかゆい
  • ピアス穴が化膿したことがある
  • 歯に2つ以上金属の詰め物、または銀歯等の金属が入っている
  • 歯の治療後に体調が悪化した

実は、金属アレルギー発症数が年々増えています!

  • ・金属アレルギーは特に女性に多く、「女性の5大病気」のひとつとして近年注目されています。
    20歳前後でピアスの穴を開けたときに発症する女性が一番多いとのこと。
    ※参考:「日経WOMAN ONLINE」
  • ・ある歯科クリニックでは、患者120名のうち98名(81.7%)の装着している歯科金属が、
    アレルギーを起こす可能性が高いという調査結果が出ています。
    ※参考:書籍「Visual Dermatology Vol.5」

私たちの身の周りにある金属

私たちの身の周りにある金属

アレルギーを起こす可能性がある主な金属
○アルミニウム ○コバルト ○スズ ○鉄 ○白金(プラチナ)○パラジウム ○マンガン ○インジウム ○イリジウム ○銀 ○カリウム ○クロム ○ニッケル ○亜鉛 ○金 ○銅 ○水銀
アクセサリー類(ピアス・ネックレス・腕時計など)
ニッケル、クロム、コバルト、プラチナなど、アクセサリーに使われている金属に触れる部分が赤く腫れたり、かゆくなったりすることが多い。金属部分にチタンやセラミックを使った、アレルギー防止アクセサリーもある。
化粧品
化粧品化粧品かぶれと間違いやすいが、ビューラーやアイライナーの口金、ファンデーション容器などの金属にアレルギーを起こす人も多い。
衣類・下着
ブラジャーのホックやワイヤーなどに反応する人も少なくない。ジーンズのボタンも裏側の金属部分が直接肌に触れやすい。布製の絆創膏(ばんそうこう)でカバーするか、厚めの布地を縫い付けてしまえば安心。
皮革製品
皮革製品の加工工程でクロムなどの金属が使われていることがあり、敏感な人はそれに反応してアレルギーを起こしてしまう。腕時計の皮バンド、バッグのストラップなど、直接肌に触れるものは注意を。
携帯電話
携帯電話最近はプラスチックの膜でコーティングするなど、メーカー各社の工夫で少なくなってきたが、耳やほほなど携帯電話機器の当たる部分が炎症を起こすことがある。古くなってコーディングがはげ、地金が出ている電話は要注意。
硬貨
ニッケルが使われている50円玉、100円玉、500円玉などに触る機会の多い人は注意。
豆やナッツ
これらの食品にはニッケル成分が多く含まれている。それが汗にしみ出し、汗腺の多い部位にアレルギーを起こすケースが。
ピアスに皮膚がかぶれても装着し続けると、ジーンズの内側の留め金、ブラのホック、化粧品にまでかぶれるようになり、アレルギーが深刻化してきた…というケースが非常に多いです。しまいには、小銭やキーにまで直接触れられないなど、普通の生活にも支障が発生。
 
どうして、こんなにアレルギーが悪化するのでしょうか?それは、かぶれたアクセサリーを装着し続けていると、アレルギー源を攻撃する免疫細胞の数が増え、全身のいろいろな場所で反応するようになるためです。

高輪クリニックの皮膚科は、内科・歯科の治癒の過程で、肌質の変化やアトピー性皮膚炎の緩和など様々な症状の朗報が患者様に多数見られた実績より、平成20年より皮膚アレルギーに悩む患者様のための専科とし、内科・歯科に続き創設されました。

金属アレルギー治療で、皮膚の状態が改善される患者様が多数いらっしゃいます。

根本原因を突き止める問診

体内に蓄積された、人工的な重金属や化学物質、農薬、放射性同位元素などを除去する「キレーション療法」や「デトックス(解毒)治療」を全患者様に施行します。そのほか、ドイツの身体診断機器を用いて、詳細な原因検索・血液検査を行います。

漢方・自然療法にもとづく処方

内科の主に漢方を処方することで患者様ご自身の自然治癒力・免疫寛容を高め、各種アレルギー症状の 改善をします。
 
例:漢方薬、自然系塗布薬、デトックス系サプリメント、キレーション点滴療法(タチオン、ブライアン)、各種漢方、ホメオパシーレメディー、ナチュラル系サプリメント、西洋医薬。
※内服は内科と同じく、個々人で処方される薬物は異なります。

再生美容医療

高輪クリニックでは、歯科(主にインプラント)で採取される線維芽細胞より、約8倍の増殖能力を有するといわれる歯肉を、約2年間の研究及び治験・臨床の結果、アレルギー拒否反応や副作用がほとんどなく、効果的な薬液製造の方法論を確立しました。歯科と医科がシナジーした独自の先端医療技術の結晶です。

口腔内の金属(金歯・銀歯)除去治療

むし歯治療で詰めた金歯・銀歯により、口内炎やただれ、しゃく熱感、しびれ、痛み、味覚異常などのアレルギー症状を引き起こすことがあります。それらの金属をすべて除去すると、金属アレルギーが改善するケースが多いのです。高輪クリニックでは、水銀を50%含む口腔内金属「アマルガム」除去治療や、口の中で腐食して悪影響を及ぼしやすい「金銀パラジウム」除去治療を行っています。

歯科と内科、東洋医療と静養医療を調和させた「和合医療」を実践 事前検査・カウンセリングを医師と歯科医師が協力して丁寧に実施します。

まずはお気軽にご相談下さい
高輪クリニック院長 Dr.陰山の無料メール相談はこちら 高輪クリニック院長 Dr.陰山の無料メール相談はこちら お電話でのお申込み・お問い合わせはフリーダイアル0037-6001-2597 高輪クリニック 東京都港区高輪4-23-6 ハイホーム高輪201号MAP

歯科と内科、東洋医療と静養医療を調和させた「和合医療」を実践

MAP

高輪クリニックは、内科と歯科が調和した「和合(わごう)医療」の診療方針を採用しています。

高輪クリニックでは、口腔内や歯科と全身を関連させて捉えたり(右図参照)、心と肉体もあわせて全体的に捉えようとする統合医療が不可欠と考えています。

統合医療とは、西洋医学の医科、歯科、鍼灸や漢方薬など東洋医学やさまざまの代替医療を統合し、より効果的で有効な医療を目指し、患者の生活の質(QOL)向上や精神面におけるケアなども視野に入れた新しい医療の形です。

アメリカでは医療の国家戦略の中に代替医療を組み込んでいます。現在では50%以上の人々が代替医療を受け、ヨーロッパでもフランスやドイツでは鍼やホメオパシー、ハーブ治療などやはり50%以上の人々が代替医療を受けています。

西洋医学と代替医療を統合的に組み合わせ、より有効な治療を行い、個人や社会全体における医療費コスト削減に役立っています。

また、高輪クリニックでは電子検査に「EAV機器」を用いています。EAVは臓器や細胞や組織が電磁波として経穴に集中することを利用して、詳細に測定・治療をします。心身トラブルの根本原因を探る「アキュプロⅡ」、歯と全身の関係性を踏まえた自然療法を提示する「エレウェル」などで、高輪クリニック独自の検査ができます(右図参照)。

従来の西洋医学では、歯科用金属での金属アレルギーのケースはさほど多いものではないと診断されていましたが、その多くは簡単なパッチテストだけでした。そこで、直接には炎症症状を引き起こさない有毒な電磁波も検出できる「EAV機器」での詳細な診断が必要不可欠なのです。

メディアでも当院が取り上げられています。

▲歯と全身の関係図。今後は歯や口腔内だけではなく、全身の健康まで包括した治療が求められる時代。

▲アキュプロⅡ
▲エレウェル

高輪クリニック 院長紹介

高輪クリニック理事長・院長 陰山康成医師

医療法人癒合会高輪クリニック院長
医療法人癒合会医道五十三次クリニック総院長
国際和合医療学会常任理事
臨床ゲノム医療医学会認定医
医師と歯科医師のダブルライセンス・ドクター

【経歴】
岐阜県出身
岐阜大学医学部医学科大学院卒業、医学博士
歯科では歯科麻酔、医科では救命救急科、整形外科を専攻
ロンドン大学医学部に留学時、各種統合医療を研修し帰国。
2006年和合医療をキーワードに高輪クリニックを開業。
内科と歯科、西洋医療と伝統医療を組み合わせ患者様の思いに合わせた診療を行っている。

現在自院での臨床のかたわら、東海大学医学部付属東京病院健康管理センター非常勤講師として、東海大学東京病院健康管理科での予防医療臨床にも勤しんでいる。

遺伝子にもとづく予防医療の指導は2006年に開始し、約8年の歴史を重ねて、遺伝子にもとづくテーラーメード医療の確立をめざしている。

<陰山先生からのコメント>
今までの歯科医療では補綴のために、耐久性を重視して金属を入れる治療がスタンダードでした。しかしながら、昨今金属に反応する方(アレルギー症状を発症する方)が爆発的に増えてきており、当院では補綴には金属を入れるべきでないという信念から、完全ノンメタル歯科治療を徹底しております。

特に歯科金属のアレルギー反応の場合は、皮膚疾患のように分かりやすい症状として表れず、中枢神経疾患として出ることが多いので、身体の異変の原因が口腔内の金属であるということに気づきにくいことが多いです。

このページにもあるような身体の異変、不安を感じている方は、まず身の周りにどのくらい金属があるのか考えてみてください。金属を外すことで身体の不調が解消できる可能性があるので、ぜひ検査を受けることをおすすめします。

ジルコニアインプラント治療の流れ

1.無料カウンセリング
2.前治療(必要な方)
3.インプラント手術(1~2回)

高輪クリニックドクターの無料メール相談

当院では、ドクターによる、あらゆる患者様のお悩みについて無料のメール相談を受け付けております。

  • ・歯科金属・インプラントのアレルギーに悩んでいる
  • ・当院のフル・ジルコニアインプラントの導入を検討している
  • ・このようなアレルギー症状があるが、治癒例などはあるか?

などお身体のこと、診療のことでご不明な点、ご不安な点があればお気軽にお問い合せください。
お悩みご質問について、丁寧にご説明申し上げます。

無料相談メールフォーム 無料相談メールフォーム

  • ・下記のメールフォームよりご相談ください。
  • ・原則として3日までに返信いたします。(休日を除く)
  • ・相談をしたからと言って、「当院で施術をしなければならない」といったことは一切ございません。
  • ・セカンドオピニオンとしてご来院される方も増えています。
  • ・当院の考え方や、よくあるご質問などはこちらでご用意しています。  よくあるご質問はこちら
お名前 (必須) (姓)
(名)
 例)山田 太郎
フリガナ (必須) (セイ)
(メイ)
例)ヤマダ タロウ
メールアドレス (必須)
例)test@takanawa-clinic.com
メールアドレス (必須)
※確認のため再度ご入力ください

例)test@takanawa-clinic.com
住所
ご相談内容 (必須)

【自動返信メールが届かない方】
フォームから送信できない場合は、soudan@takanawa-clinic.com まで直接メールをお送りください。
内容を送信すると、すぐに確認のメールをお送りします。確認メールが届かない場合は、メールアドレスが間違っているため、当院より改めて回答を送ることができません。メールアドレスを確認し、再度送信して頂くかお電話ください。
また、hotmail等のフリーメールをご利用の方は自動返信メールが「迷惑メール」として処理される場合や、届かない場合がございます。メールが届かないという場合は「迷惑メールフォルダ」をご確認していただくか、hotmail等のフリーメール以外のメールアドレスをお使いください。