医療法人社団 癒合会 高輪クリニック

インプラントを人体への安全性、審美性で選ぶなら
【最先端・ジルコニアインプラント】

フリーダイヤル 0037-6001-2597(受付時間:10:00〜13:30/14:30〜18:00・休診日:なし・駐車場:あり[要予約])
  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約
知らないと損をする!失敗しないインプラントの選び方。

今更聞けないインプラントの違いや特徴
あなたにあった治療方法を高輪クリニックはご提案します。

歯科治療先進国ヨーロッパ・アメリカで35,000本の症例数

事前検査・カウンセリングを医師と歯科医師が協力して丁寧に実施します。

  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約

お電話でのお申込み・お問い合わせは

フリーダイヤル 0037-6001-2597
受付時間 10:00〜13:30/14:30〜18:00・休診日 なし

「インプラントなんてどれも同じ…」と思っていませんか?

歯周病、歯のヒビ、矯正などを理由に抜歯した際には、インプラントやブリッジ、差し歯といった治療が必要となります。
また、実際に、インプラント治療を受けることになった場合でも、値段や強度、安全性など選ぶべきポイントがたくさんあります。
「インプラントなんてどれも同じ・・・」という考えで失敗してしまい、手術の失敗や治療後に歯肉炎になってしまうケースもあるのです。

では、何をチェックすればいいの?

まずは

知っておきたい

インプラント(素材)種類
ご紹介します!

3種類のインプラント治療

Three kinds of Implant treatment

インプラントには大きく分けて3つの種類があります。

種類(素材) 見た目 強度 骨との
癒着度
歯肉との
生体親和性
価格
ジルコニアインプラント(セラミック系人工ダイヤモンド) 二重丸 二重丸 二重丸 二重丸 三角
サファイアインプラント(セラミック)※現在、サファイア素材の使用は減少傾向にあります。 二重丸 三角 三角 丸 丸
チタンインプラント(金属) 三角 二重丸 丸 三角 三角
ジルコニアはインプラントの最高峰

一生付き合っていくなら
ジルコニアインプラントおススメです。

ジルコニアインプラントが選ばれる理由

Reasons of Zirconia implant Selected
Reason01

人体への安全性・親和性

金属アレルギーの発生なし
メタルフリーで、金属アレルギーの発生なし。
また、金属が体内に溶け出すことや、過剰な電流が流れることによる体調不良が起こりません。
歯茎との親和性が非常に高い
金属製(チタン)インプラントの場合、施術後、数年で歯茎が後退してしまう可能性があります。しかし、人工ダイヤモンド製のジルコニアインプラントは、歯茎との親和性が高く、歯茎が後退するどころか、歯茎が育ち盛り上がってくるほどです。
非金属だから「MRI検査」も受診OK
病気の早期発見や把握のために行われる「MRI検査」。
金属製(チタンインプラント)の場合、人間ドッグや精密検査などで行う「MRI検査」ができなくなってしまいますが、ジルコニアインプラントは非金属のため、問題なく検査することが可能です。
Reason02

審美性

歯茎の黒ずみが起こらない
金属製(チタン)インプラントは、金属が溶け出し、歯茎を黒くしてしまうことがありますが、人工ダイヤモンド製のジルコニアインプラントは、歯茎が黒ずむことはありません。
チタンインプラントの場合
チタンインプラント
の場合
ジルコニアインプラントの場合
ジルコニアインプラント
の場合
歯茎から金属が露出しない
金属製(チタン)インプラントは、歯茎との親和性が低く、歯茎が後退してしまうとインプラントの金属部分が露出してしまうことがありますが、ジルコニアインプラントは、歯茎との親和性が非常に高いので、歯茎が後退しません。
万が一、後退したとしても、ALL人工ダイヤモンド製なので色が白く、まるで歯のように見えるため、美しさを損ないません。
Reason03

固さ・耐久性

本物の歯と遜色なく噛むことが可能
人工ダイヤモンド
ダイヤモンドは、最も固い宝石として知られています。
人工ダイヤモンド(=ジルコニア)も同様に固い素材のため、本物の歯と遜色なく噛むことが可能です。また、ジルコニアの混合の改良、製造工程、独自の表面技術の開発により最高水準の品質を実現しました。破損などの心配もなく、耐久性に優れています。

高輪クリニックが選ばれる理由

Reasons of Takanawa Clinic Selected
Reason01

徹底した世界基準のクリーンルーム

二重ドア設計!
空気浄化装置の設置と空気中の清浄度をモニターする徹底した衛生管理

インプラント手術などの外科手術は、右写真のオペ室で行います。

手術時は通常の歯科治療に比べて、徹底した衛生管理が必要とされます。オペ室には空気中の細菌を減らす大型の空気清浄機を配置し、ドアを2つ設け、バクテリアを減らし、常に清潔で安全な治療が行えるよう努めています。
口の中に入れるものは全て超滅菌状態で使用できるように診療室環境の形態、機器を揃えております。

"除菌" "殺菌" "滅菌"の環境をこだわり組み合わせることで、他では類を見ないほど徹底した世界基準の超滅菌主義が可能となっております。

Reason02

画期的な歯骨の再生治療法

自分の細胞で歯槽骨が再生可能です!

骨量が足りないためにインプラント治療をあきらめていた患者様へ「自分の細胞を用いて歯槽骨を再生する」この新しい技術は患者様のニーズに合わせたインプラント治療を可能としています。
治療前に医師が採血し、血液中の血小板のみをあつめた血清をつくり、インプラント埋入時にこの血清を同時に入れ込むことで、骨の再生スピードを飛躍的にあげる当院オリジナルの方法です。
これは、日本全国でも限られた歯科医院にしか導入されていない画期的な骨再生治療法です。

Reason03

無痛治療へのこだわり

内科医が常勤。
体調変化のフォローも心配なし!

高輪クリニックは、からだと心に優しい和合医療を提唱させていただいており、さらに完全無痛治療へのこだわりを追求をしてきました。
内科医が常勤し、いつでも不安がある患者様に対して、静脈内鎮静法ができるようにスタンバイしております。半分眠ったまま無痛でインプラント治療を受けることができると同時に、体調の変化が万一おきても医師がフォローできるシステムです。

痛みに弱い方の味方!
精神的・身体的ストレスをフリーに。

静脈内鎮静法による麻酔は、専門医が精神安定薬を注射して、「意識はあるけれど眠い状態」で歯科治療や口腔外科手術を受けることができる、安全な麻酔です。全身麻酔のような危険や入院が必要なく、インプラントの手術後すぐに意識が回復するため、30分程度で帰宅していただけます。
また、強い嘔吐反射や歯科治療、インプラント手術に対する緊張や恐怖心のために歯科治療が受けられない方にとても有効で、専門医が血圧や心電図、呼吸状態を絶えず見守りながら、必要に応じてその治療を行いますので、高血圧などの病気をお持ちの方も安心して治療を受けていただけます。

Reason04

短期治療へのこだわり

患者様の貴重なお時間を大切にしています。

高輪クリニックは、忙しいビジネスマンや女性のライフスタイルにあわせた新しいスタイルの歯科医院です。
「まとまった時間が取れそうなので、1~2回の通院で完治まで治療を進めて欲しい」という患者様のご要望に応じて対応いたします。
1回の診療に時間をかけ、日数は最短で治療可能です。通常の歯科医院の3回~5回分を時間をかけて1回で実施することが多く、海外からも多数の患者様が来院されていますが、短期間の日本滞在で治療が可能な理由はここにあります。
また、日曜・祭日も診療していますので、平日や土曜に仕事があっても安心して通院頂けます。

安心して施術を受けて頂くための完全個室制、「施術終了後こそ大切」との考えから、治療後のアフターフォローの重視など、既存のクリニックにない姿勢で運営しております。

さらに!
Reason05

手術の安全性を上げるIGIシステムを導入(2014年より)

インプラント治療における事故を防止する最新機器
最新機器

骨が十分にある人の場合、歯肉を切らずにインプラントの治療が可能です。
歯肉を切らないことで、術後の腫れ、痛み出血等が、通常の手術に比べてかなり軽減されますが、この方法は、骨を直接目で確認できないため、間違った方向に骨を削る危険性がありました。

そこで、登場したのがIGIシステムです!
IGIシステムは、インプラント治療における事故を防止する最新機器です。
GPSのように歯科医師をオペ計画の通りに案内してくれます。
IGIシステムを使用することで、手術をしながら、今どこの部分を治療しているのかを確認でき、より安全な治療を行うことができます。
また、IGI システムを使用した歯肉を切らない手術は、痛みに弱い方に優しく、さらに術後の回復も早いので、身体に負担がかかりにくいというメリットがあります。
※高輪クリニックは、2014年よりIGIを導入しました。

ジルコニアインプラント治療の流れ

Flow of Zirconia implant Treatment
  1. FLOW01
    カウンセリング
    カウンセリング
    医師と歯科医師によるカウンセリングを行います。検査を行い、歯や歯茎の状態を見て治療方針を決め、治療費のご相談を行います。
  2. FLOW02
    前治療
    前治療(必要な方のみ)
    必要に応じて、事前に歯科治療を行います。必要ない場合がほとんどです。また、治療に対して恐怖心が強い方は、医師管理のもと、鎮静法を施行し半分眠った状態での治療が可能です。
  3. FLOW03
    インプラント手術
    インプラント手術(1回〜2回)
    インプラントの手術を行います。本数により雄心の階数は異なりますが、1本の方は1回、複数本の方でも2回程度で終了します。
  4. FLOW04
    アフターフォロー
    内科医&歯科医によるアフターフォロー
    手術後、当日から食事をしていただけます。
    内科医による、術前・術後の管理を行いますので、万が一痛みが続く場合も安心です。
詳しい流れをPDFで見る

高輪クリニックのご紹介

about Kourin Clinic
日本初! ジルコニアインプラント施術認定医院

ジルコニアインプラントの技術講師の資格も取得

ジルコニアインプラント施術認定

ジルコニアインプラントの施術には、スイスZ-Systems社で高度な研修を受けて資格取得が必要です。
資格の他、スイスZ-Systems社の基準を満たす設備が整っている医院でなければならず、日本では現在30院のみが認定されています。
高輪クリニックは、日本にジルコニアを導入し、技術を教えている、ジルコニアインプラントのパイオニアです。

内科×歯科の連携医療
高輪クリニックは内科、歯科、皮膚科の総合病院です。院長の陰山は、内科医と歯科医のライセンスを持っており、単なる歯科治療ではなく、体全体への影響などを内科的側面からも判断して治療を行います。患者さまの健康全体をケアするために手術前に必ず全身疾患のチェックを行う医師が常駐しているので安心してインプラントを受けて頂くことができます。
平均通院回数2回
他院のインプラント治療では、3回〜5回と何度も通院し、その都度、診療費を請求されることがありますが、高輪クリニックでは、検査と手術で2回が平均。1回ですべて終わる方もいらっしゃいます。
そのため、海外・日本全国から患者様が来院されています。

施術前・施術中・施術後も安心していただけるクリニックの手厚いサポート

高輪クリニックが誇る医師のご紹介

高輪クリニック 院長 陰山 康成
高輪クリニック院長陰山 康成
和合医療のパイオニアジルコニアインプラント施術医師

インプラントが金属(チタン)からセラミック(人工ダイヤモンドであるジルコニア)に交代する時期が到来しました。
アレルギーに関しての安全性、審美性、生体親和性、強度、骨との接着能力、いずれの観点からも秀でた面のみで、コスト面でのマイナスを補って十分な余りがある素材です。20年後くらいには開始されるであろう歯を丸ごと再生させる治療が確立されるまでのチタンインプラントと再生医療を繋ぐ架け橋は、ジルコニアインプラントに違いありません。

Profile

  • 医療法人癒合会高輪クリニック院長
  • 医療法人癒合会医道五十三次クリニック総院長
  • 国際和合医療学会常任理事
  • 臨床ゲノム医療医学会認定医
  • 医師と歯科医師のダブルライセンス・ドクター
経歴

岐阜県出身・岐阜大学医学部医学科大学院卒業、医学博士
歯科では歯科麻酔、医科では救命救急科、整形外科を専攻。ロンドン大学医学部に留学時、各種統合医療を研修し帰国。
2006年和合医療をキーワードに高輪クリニックを開業。
内科と歯科、西洋医療と伝統医療を組み合わせ患者様の思いに合わせた診療を行っている。

現在自院での臨床のかたわら、東海大学医学部付属東京病院健康管理センター非常勤講師として、東海大学東京病院健康管理科での予防医療臨床にも勤しんでいる。
遺伝子にもとづく予防医療の指導は2006年に開始し、約8年の歴史を重ねて、遺伝子にもとづくテーラーメード医療の確立をめざしている。

高輪クリニック 歯科医師 高橋 伸児
高輪クリニック歯科医師高橋 伸児
インプラント治療25年の経験ジルコニアインプラント施術医師

インプラント治療25年の経験を生かし高輪クリニックに御来院される患者様のQOL向上に少しでもお役に立てるよう努力してまいります。

Profile

  • オリオンデンタルクリニック院長
  • インプラントロジスト養成所高橋塾塾長
  • Z-systems社認定指導医
  • プラトンジャパン インストラクター
経歴

1985年 福岡県立九州歯科大学卒業
1991年 埼玉県内にて医療法人高橋歯科医院開設
2009年 熊本市内にてオリオンデンタルクリニック開設/インプラント技術向上のためスウェーデンに留学

東洋医学と西洋医学を融合“和合医療”を実践するクリニック

当院は、いわゆる西洋医療としての内科・歯科だけでなく、東洋の医療も積極的に取り入れた”和合医療”を実践しています。“心とからだとのつながり”を重視する東洋医療を主にして西洋医療で不足する面を補います。
医療先進国のスイスやドイツで歴史がある、「内科と歯科をわけていない医療」を国内で実践。診療科に縛られなず、患者様にとって最良の医療を提供しています。また、極力生体に優しい歯科治療をコンセプトとしており、ノンメタル(非金属)・レスケミカル(化学物質を極力含有しない)のナチュラル系素材・器具にて統一して治療をしています。

よくあるご質問

FAQ
インプラントとは、どんな治療法ですか?

骨に人工素材を直接埋め込む方法で従来の入れ歯やブリッジとは全くことなる治療法です。

インプラント治療が適しているのはどんな人ですか?

基本的に入れ歯やブリッジに違和感や不満をもっている方であれば、インプラントに適していると言えます。
以下のようなことにお悩みや負担を感じている方は、インプラントによって解決することが可能です。
入れ歯、ブリッジをしていることによって
・口の中に違和感がある
・口臭が気になる
・発音や発声がしにくい
・硬いものが食べられなくなった
・人前に出るのに気後れするようになった
・自分の年齢や健康への不安が、精神的な負担になっている

また、インプラントの治療前には、下記の条件をクリアしているかどうかを確認します。
・虫歯や歯周病の有無
・インプラント治療を行うのに適した十分な骨量や骨質があるか
・インプラント治療後も口の中を清潔に保つようにメンテナンスを行えるかどうか
・インプラント治療を行うのにリスクのある疾患がないかどうか

インプラント治療は、どのくらいの費用がかかりますか?

インプラント治療は健康保険が適応されない自由診療になります。
当院では日本ではじめて人工ダイヤモンドにも用いられているフルジルコニア(他院のジルコニアインプラントはチタンの外に一層ジルコニアがおおわれているのみ)をインプラントに用いています。
原材料が非常に高価であり、かつ日本で最も多い症例数を誇っております。1本40万円になります。この内訳は原材料代に加え、技術料、設備費、管理料、および当院の一番の強みである 治療後の痛み、腫れ、トラブルを予防する東洋医療的なリカバリー医療費を含みます。豊富な実績と確かな技術に基づき、適切な費用が設定されています。またアフターケアも万全です。インプラント治療は全て医療費控除の対象となり、ご都合に合わせてデンタルローンやクレジットカード支払いも可能です。

インプラント手術に痛みや腫れはありますか?

インプラント手術は、十分な局所麻酔下で行うため、基本的に痛みや腫れもあまりありません。歯ぐきを切ったり、骨を削ったりするため、後日痛みがでることがありますが、当院では術後に東洋医療的なリカバリーの治療をいれるので、問題となる確率は少なく、痛みや腫れがでてくる可能性は低いです。
当院では、医師による静脈内鎮静法を用いたリラックス治療も希望があれば行っています。全身麻酔とは違って、意識や反射が完全に無くなることはなく、半分寝ているような感覚で、会話をすることもできます。腕に点滴をしながら鎮静剤や鎮痛剤が入ることにより、手術中の不安や緊張などが無くなり、腫れや痛みも少なくなります。また、血圧・脈拍・心電図・SPO2値(動脈血酸素飽和度)を確認しながら全身管理を行うため、高齢者や全身疾患を有する方でも安心です。

手術時間はどのくらいかかるのですか?手術後に仕事や遊びの予定を入れても大丈夫でしょうか?

手術時間は1~2時間程度です。なお、手術日当時は入浴ではなくシャワー程度にしておき、早めに就寝するなど静養に努めていただくことをお勧めしています。仕事や遊びの予約はいれないことをお勧めしています。

インプラントは体内に埋入することになるわけですが、金属アレルギーや拒否反応などは大丈夫なのでしょうか?

従来のチタンではアレルギー反応がおこることが最近の皮膚科学会でも発表されています。
そこで当院では金属製インプラント=チタンインプラントは一切採用していません。金属ではない素材=人工ダイヤモンドにも用いられているフルジルコニアという素材からできており、アメリカでFDA許認可をとり35,000本以上の実績をもっているスイス製ジルコニアインプラント(Zsystem社)を採用しています。

骨の量が少なくてもインプラントはできますか?

骨の量が少ない場合、骨を作る手術(GBR法、スプリットコントロール、サイナスリフト、ソケットリフトなど)を併用したり、それに合わせてインプラント体の種類や位置を決定します。事前に治療計画を練り説明をしっかりしたのちに実施にいたります。

歯が1本もなくなっているお年寄りでもインプラントはできますか?

可能です。当院のジルコニアインプラントでは上の歯に6本、下の歯に4本インプラントをいれることで入れ歯でなく固定式の歯でがっちりかめるようになるジルコニアインプラントでの無歯顎者への治療が可能です。

インプラントは、どのくらい持ちますか?

インプラントそのものは半永久的で、変質したり、腐食したりすることはありません。特にジルコニアインプラントはチタンインプラントと異なりアレルギーをおこす可能性はきわめて低く、かつ生体親和性が天然歯以上に高いため歯茎が退縮することがほぼありません。また3カ月に一度のメンテナンスの際にしっかり確認をしています。自己管理とメンテナンスがインプラントを長持ちさせるために必須なのです。

「即日インプラント」「1日でインプラントをして歯が入ります」という歯医者がありますが、大丈夫でしょうか?

当院でも実施しています。術前のCTおよび全身状態の詳細の検査に基づく判断が大事ですが、レーザー加工されて表面積の大きいジルコニアインプラントを埋入してその場で荷重をかける方法を採用することが適応になる方がいらっしゃいます。
埋入後はその場で、セレックというコンピューターでインプラントの形状を読み取りその場で削りだしでセラミックの最終補綴物を作成する機器を当院は導入しています。
その日のうちにインプラントおよびその上にいれる最終補綴物(差し歯)をセットして一気に完成させることが可能なのです。 技術革新による従来では考えられない画期的な方法です。
繰り返しですが、この方法は全員にできる方法ではないので、術前の評価が重要になります。

高輪クリニックドクターの無料メール相談

Consultation for Mail

当院では、ドクターによる、あらゆる患者様のお悩みについて無料のメール相談を受け付けております。

  • 歯科金属・インプラントのアレルギーに悩んでいる
  • 当院のフル・ジルコニアインプラントの導入を検討している
  • このようなアレルギー症状があるが、治癒例などはあるか?

などお身体のこと、診療のことでご不明な点、ご不安な点があればお気軽にお問い合せください。
お悩みご質問について、丁寧にご説明申し上げます。

メール相談にあたって
  • 原則として3日までに返信いたします。(休日を除く)
  • 相談をしたからと言って、「当院で施術をしなければならない」といったことは一切ございません。
  • セカンドオピニオンとしてご来院される方も増えています。
  • 当院の考え方や、よくあるご質問なども一緒にご確認ください。
必須お名前
必須フリガナ
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認用)
お住まい
必須ご相談内容
自動返信メールが届かない方

フォームから送信できない場合は、soudan@takanawa-clinic.com まで直接メールをお送りください。
内容を送信すると、すぐに確認のメールをお送りします。確認メールが届かない場合は、メールアドレスが間違っているため、当院より改めて回答を送ることができません。メールアドレスを確認し、再度送信して頂くかお電話ください。
また、hotmail等のフリーメールをご利用の方は自動返信メールが「迷惑メール」として処理される場合や、届かない場合がございます。
メールが届かないという場合は「迷惑メールフォルダ」をご確認していただくか、hotmail等のフリーメール以外のメールアドレスをお使いください。