医療法人社団 癒合会 | 診療を分断せず内科・皮膚科/歯科の両面から根本治療を目指すクリニック

金属アレルギー

こんな症状、身に覚えはありませんか?

こんな症状、身に覚えはありませんか? 普段から頭痛やめまいを起こしやすい
原因不明の蕁麻疹や湿疹がよくでる
花粉症である
おでこがかゆい
頭痛、肩凝り、疲労など、体調不良が続いている
なんだかぼーっとする。物忘れ、記憶力や集中力の低下がひどい
金属製アクセサリー(ネックレス、ペンダント、ピアス等)を長時間つけて、皮膚がかぶれたことがある
金属製アクセサリーをつけた箇所や、下着が触れている箇所の皮膚がかゆい
ピアス穴が化膿したことがある
歯に2つ以上金属の詰め物、または銀歯等の金属が入っている
歯の治療後に体調が悪化した

 

一つでも当てはまったら、「金属アレルギーの可能性があります。」

そもそも金属アレルギーってなに?

金属に触ると肌が赤くなる
金属が当たるところに湿疹ができてかゆくなる
結婚指輪ができない

一般的に、金属アレルギーに対して多くの人はこのようなイメージを持っているようです。これらの症状は、肌につけた金属と汗など の体液がふれることで金属がイオン化し、アレルギー源となることで起きます。ただ金属アレルギーは、金属が肌に触れて起こる症状 だけではありません。むしろ本当に怖いのは、歯の詰め物などの金属が体内に蓄積して炎症を起こす、体内で起きる金属アレルギーです。

   

私たちの身の回りにある金属

私たちの身の回りにある金属

アレルギーを起こす可能性がある主な金属

○アルミニウム ○コバルト ○スズ ○鉄 ○白金(プラチナ)○パラジウム ○マンガン ○インジウム ○イリジウム ○銀 ○カリウム ○クロム ○ニッケル ○亜鉛 ○金 ○銅 ○水銀

アクセサリー類(ピアス・ネックレス・腕時計など)

ニッケル、クロム、コバルト、プラチナなど、アクセサリーに使われている金属に触れる部分が赤く腫れたり、かゆくなったりすることが多い。金属部分にチタンやセラミックを使った、アレルギー防止アクセサリーもある。

化粧品

化粧品化粧品かぶれと間違いやすいが、ビューラーやアイライナーの口金、ファンデーション容器などの金属にアレルギーを起こす人も多い。

衣類・下着

ブラジャーのホックやワイヤーなどに反応する人も少なくない。ジーンズのボタンも裏側の金属部分が直接肌に触れやすい。布製の絆創膏(ばんそうこう)でカバーするか、厚めの布地を縫い付けてしまえば安心。

皮革製品

皮革製品の加工工程でクロムなどの金属が使われていることがあり、敏感な人はそれに反応してアレルギーを起こしてしまう。腕時計の皮バンド、バッグのストラップなど、直接肌に触れるものは注意を。

携帯電話

携帯電話最近はプラスチックの膜でコーティングするなど、メーカー各社の工夫で少なくなってきたが、耳やほほなど携帯電話機器の当たる部分が炎症を起こすことがある。古くなってコーディングがはげ、地金が出ている電話は要注意。

硬貨

ニッケルが使われている50円玉、100円玉、500円玉などに触る機会の多い人は注意。

豆やナッツ

これらの食品にはニッケル成分が多く含まれている。それが汗にしみ出し、汗腺の多い部位にアレルギーを起こすケースが。

   

金属アレルギーを放っておくとどうなるの?

虫歯治療のための歯科金属が原因になっていることもあり、
放っておくとDNAが傷つき、がんになる可能性も!

虫歯治療のための銀歯などの歯科金属が、金属アレルギーの原因になっていることがあります。唾液によって銀歯の金属が溶け出し、体内に少 しずつ吸収され、蓄積されていくのです。それが脳や肝臓にたまると、金属アレルギー体質の人の場合は体内で激しい炎症が起きるのです。

金属アレルギーが悪化して体内に激しい炎症が起きる前に、まずは専門医院の診察を!

金属アレルギーを根本治療する方法とは?

1、最新の精密検査を受けましょう

元来金属アレルギーの検査には、パッチテストを行ってきましたがパッチテストには新たな皮膚炎を引き起こす危険性があります。そのため、当院ではDLST検査といって血液を採取して行うより安全性の高い検査を採用しています。また、現在では金属アレルギーを起こしやすい遺伝子や腸内環境が分かってきているので、遺伝子や腸内環境を調べることでより効果的な治療を行うことができます。

2、金属アレルギーの専門家の治療を受ける

金属アレルギーの根本治療には、高度な専門知識とノウハウが必要です。とくに銀歯などの歯科金属が原因の場合、正しい手順をふまずに金属を外しただけでは、かえって症状が悪化することがあります。体内に蓄積してしまった金属を取り除くために、点滴によるキレーション治療が必要になることもあります。根本治療のためには、医科と歯科の両面から総合的に治療をする必要があるのです。そのため医科・歯科の両方の免許をもつダブルライセンスドクターが在籍する医院だと安心です。

治療後も、再発防止のための体質改善が必要

3、腸内環境のバランスを改善する

金属アレルギーを根本治療するには、再発しないよう体質を改善することも大事です。腸内細菌のバランスが金属アレルギーになりやすいパターンになっているときは、腸内環境を変えるために乳酸菌を処方したり、培養した菌を小腸に噴霧するフローラ移植も有効です。また一時的に症状を抑えるだけの化学薬品や副作用があるステロイドをなるべく抑え、漢方などの東洋医学も取り入れながら、人間がもつ自然治癒力を高めることも重要です。


金属アレルギーへの対処法をまとめると・・・

1、最新の精密検査で原因を突き止める
2、医科・歯科両面から根本治療を行う
3、再発を防止する為に体質改善を行う

金属アレルギーかも?と思ったらまずはご相談ください。

TOP