高輪クリニック

お問い合わせ

よくあるご質問

採用情報

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

診療科目のご案内

 

ノンメタル歯科治療

自然な仕上がりで美しく、かつ生体に優しいメタルフリー(非金属)補綴

生体に電気を発生させない無金属治療…それがノンメタル歯科治療です。
素材はフルセラミックとハイブリッドセラミック系(セラミックと樹脂の合成素材)がありますが、いずれも審美的に優れ、天然歯と全く見分けのつかない状態に再現することが可能です。

ブリッジ用の素材

当院で扱っているセラミックは裏打ちに一切金属を使用しておらず、金属によるアレルギーや電気発生の問題は全くありません。フルセラミックには最新の素材、改良型EMAXを採用し、従来のフルセラミックの倍以上の強度を確保しています。またハイブリッドセラミックには多重合焼きベルグラスNGを採用しています。多重合することで強度を確保したため、当院オリジナルですが、他のない最強のハイブリッドセラミックに仕上がっています。また3本以上のブリッジタイプのノンメタル歯科治療には、人工ダイヤモンドにも採用されているジルコニアという天然素材の固い素材で補強で金属レベルにまでその強度は向上しています。

作製技術の難易度が高く、製作コストは非常に高いのが難点ですが、素材は強い、美しい、生体に優しいとメリットづくしです。

セラミック・陶材

多重合焼きベルグラスNG

ジルコニアフレームセラミック
ジルコニアをフレームに使用した最強かつ生体に安全な最新のセラミック技術。フルセラミックで3本以上のブリッジに最適です。強度と審美性に長けており、口腔内電流漏洩および溶出物が一切ありません。

パールエステ
強度があり、審美性に優れるハイブリッドセラミック。多重合焼きベルグラスに比較すると強度に劣るが安価というメリットがある。口腔内電流漏洩および溶出物はない。

硬質プラスチック
口腔内電流の漏洩はないが、多少の溶出物あり。仮歯として採用するもっとも安価なノンメタル素材。使用していると若干水分を吸い込むためにおこる変色があります。

強化型ベルグラスNG(強化型ハイブリードセラミック)

当院ノンメタル施術の集大成。当院オリジナル注文製造で割れにくく、かけにくい補綴口腔内電流漏洩および溶出物が一切ない。適度な堅さで天然歯に近いものは摩耗のバランスがよく咬合にも優しい。当院ではハイブリットセラミック作成時に多重合焼きベルグラスNGとパールエステを採用しています。(ベルグラスはより強度に優れる)。他院とは異なるオリジナルの製造方法を用いることにより、コストはかかるもののセラミック系の補綴物としては最も割れにくい、かけにくい素材に仕上げることに成功しています。平成6年から院長陰山はノンメタル歯科医療を日本で先駆けて採用し、本素材は長年かけて割れない素材を追い求めた結果の集大成です。

E-MAXプレス(強化型フルセラミック)
セラミック100%素材で一切の吸水がないために経年的に色が変化することも匂いが付くことも一切ありません。もちろん口腔内電流漏洩および溶出物は一切でません。もっとも審美的にきわめて優れる新素材です。かつ曲げ応力が360メガパスカルと従来のセラミックの倍以上の強度を有しています。

デンチャー(入れ歯)用の素材

金属を使用しない新しい義歯、従来の義歯よりも薄く違和感が少ないのも特徴です。

ノンメタルデンチャー

ジルコニアフレームセラミック
少数歯欠損に適する~非常に柔らかい素材で歯肉などの軟部組織に硬度が近いため挿入後の痛みができにくい。また金属を一切使用しないために口腔内電流を発生させない。また溶出物が一切ない。

カルデントデンチャ-
多数歯欠損に適する~固い素材の入れ歯で、挿入後歯槽骨の吸収にも対応できる。しっかりよく噛める入れ歯でかつ口腔内電流を発生させない。溶出物が一切ない。
入れ歯(デンチャ-)に使用する金属もまた生体に対して為害作用を発揮することがあります。全く金属を使用せず審美的に優れたノンクラスプデンチャ-は今後の高齢化社会に必須の歯科素材です。生体に完全に適合するデンチャ-をいれることで、かみ合わせの回復につながります。

ファイバーコア・ガラス繊維強化樹脂
歯の根の治療が終わった後につける土台は従来金属をしようしていましたが、これもまた金属アレルギーやガルバニ-電気の発生源になりえます。したがって土台としての強度をもち、電気を発生しない、しかも生体親和性の高いファイバーコアは、全身状態を考えた場合とても大事な素材です。

ドクター自らが無料相談にメールで応じております。
当院の診療方針は、ご自宅に帰られた患者様を引き続きしっかりとサポートさせていただくことです。
ドクター自ら無料相談に応じておりますので、
何かご不安や疑問点がありあしたら是非お気軽にお問い合わせください。
無料メール相談