医療法人社団 癒合会 | 診療を分断せず内科・皮膚科/歯科の両面から根本治療を目指すクリニック

掌蹠膿疱症でお悩みの方へ

掌蹠膿疱症でお悩みの方へ

歯の治療が答えになるかもしれません

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症の原因として細菌感染や金属アレルギーなどが考えられます。
アレルギー体質の人は全国で3,000万人とも5,000万人ともいわれています。
そのうち約80%が金属アレルギー、つまり遅延型アレルギーとのデータがあります。
原因が表面化せず、知らず知らずのうち症状を悪化させる遅延型アレルギーは、検査で見つけづらいことから、別名「隠れアレルギー」ともいわれています。

歯科の領域で全身にアレルギーや様々な辛い症状を起こす3つの原因

3つの原因

まず第一に銀歯など歯科材料が皮膚に接触することでおこります。その他に汗によって金属がイオン化して溶けたり、皮膚の常在菌と金属がくっついてタンパク質をつくることが原因であったり、間違った歯磨きで出来た傷がアレルゲンの侵入経路となる場合があります。

万病の原因となる口腔内金属

全身を考慮に入れた歯科治療を行います。

口腔内金属

今までの歯科治療は部分的に診察を行うことがほとんどでした。
しかし、今後は患者さん1人1人と真剣に向き合い、原因を深く追求して患者さんも納得の上治療にとりかかる必要があります。
原因不明の難病と診断され「医療難民」となっている方々が救われるためには体全体を考えた根本治療が欠かせないのです。

歯科医科和合で織り成す高輪クリニックグループ

治療の軸

ほかの医療機関で「原因不明の病」と言われた方の「病の原因」を見つけ出す検査と、原因不明とされる病をつくらないための予防医療の実践をしています。

下川医師

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは

手のぶつぶつと関節痛が見られたら掌蹠膿疱症かもしれません。

掌蹠膿疱症は、手のひらや足の裏に膿がたまった膿疱が出現し、かゆみや痛みを伴うことが多い病気です。手のひらの皮がむけたりすることが多いので、買い物をしてお金を出すときにあまり見せたくないと思われる方や、また握手ができないと思われる方が多くおられ、生活の質が下がってしまうことが考えられます。胸骨と鎖骨の間の関節や腰の関節などが炎症を起こして痛くなることもあり、皮膚だけの病気ではなく全身の病気と考えられています。

掌蹠膿疱症についてはいろいろな考え方があります。

尋常性乾癬は、手のひらや足の裏に病気ができることが少ないのですが、掌蹠膿疱症はその逆のパターンになります。尋常性乾癬に似た膿疱性乾癬という病気の一つのタイプとして掌蹠膿疱症があると考えている専門家もいます。しかしその議論は何十年と世界中の皮膚科医の中でなされてきており、未だに結論がでません。

掌蹠膿疱症の原因として細菌感染や金属アレルギーなどが考えられます。

掌蹠膿疱症の原因は、未だにはっきりとはしておりません。歯科領域における感染症や扁桃炎、金属アレルギーなどが原因の一つになりうることは分かっていますが、全員がそうでもありません。また喫煙も原因の一つと考えられています。
掌蹠膿疱症の方で虫歯がないとおっしゃる方でもレントゲンを撮って検査をすることによって歯科の感染症が見つかることがあります。それらを治療することによって掌蹠膿疱症が治癒する方もいらっしゃいます。
金属アレルギーに対する対処は、お口の中の銀歯や金歯を除去することと体に溜まっている重金属の除去が必要となります。お口の中をノンメタル状況にし、キレーションという重金属排出のための処置を行いましょう。 まずは、口腔内のが原因の一つになっているかどうかの検査をすることが大切です。

TOP