医療法人社団 癒合会(品川) | 診療を分断せず内科・皮膚科/歯科の両面からアプローチするクリニック

OKWAVE Q&A

歯根破折や歯髄炎・歯科審美についての回答3件

歯根破折や歯髄炎・審美治療などの歯科治療に関するご質問へ、
思わぬ事故で折れてしまった場合や、神経を抜いた場合の治療法など、
当院医師が回答をした記事を掲載しております。

回答日:2018/6/02-06/07

カテゴリ:歯科

2018/6/7 10:55
歯根破折
Q: 先日事故で歯根を破折してしまいました。
現在は折れた歯を両側の歯で固定しているのですが、
今後の状態しだいでは、先生はインプラントか、ブリッジといわれました。
ここで質問なのですが、歯根をのこして差し歯というものはあるのでしょうか?
抜くにしてもなるべく自分の歯を残したくて、、、。
歯根破折の経験のある方も経験談をお聞かせください。

A: こんにちは、高輪クリニックの宮澤です。
事故にあわれ、前歯を破折されたとの事ですので、大変な思いをされたと思います。
既に解決済みではございますが、回答させて頂ければと思います。
事故などの外傷の場合、
完全脱臼(完全に歯が抜け落ちてしまっている状態)でも
2週間ほどの固定で生着することが可能です。
まずは2週間固定してみることをお勧めします。
また、破折には
(1)歯冠破折→歯の頭の部分のみ割れてしまったケース
(2)歯根破折→歯の根っこが割れてしまったケース
に分類されます。
(1)の場合は歯冠修復処置で問題なく治療が可能ですが、
(2)の場合は残念ながら抜歯の適応になります。
歯根に破折線がある場合は根管治療では治癒の見込みはほぼ0%です。
つまりいつまでも患部に炎症性の腫れが続くことになります。
根本的な解決方法は抜歯となります。

では、抜歯をした後はどうなるのでしょうか?
I.ブリッジ
II.入れ歯
III.インプラント
IV.何もしない

現在の歯科医療では歯根がなくなった場合の選択肢は4つしかありません。
その一つ一つにはメリット、デメリットがあります。
Iに関しては、両隣在歯(隣り合う歯)を削らなければいけない。
2本の歯で3本分の負荷を補わなければいけない。
IIは入れ歯なので金具などが露出、食事や会話時に外れる可能性がある。
ですが、I、IIに関しましては、保険治療の適応(割と安価)である。
(保険の場合は見た目が劣ったりする場合があります。)
III.I、IIであげたデメリットを解決することができますが、高価である。
また、症例によっては骨、歯肉の移植が必要であること、
また人体に異物が入る事から将来的にトラブルが起こった時に解決法が無い場合がある。

など、他にも色々とありますが、代表的なものはこのくらいです。

事故などで歯牙を受傷した場合は、まず落ち着いて歯科医院に電話をして指示を仰いでください。
歯が取れてしまった場合は生理食塩水、牛乳、または口の中で保存することを覚えておいてくださいね!

患者様一人一人でケースが違いますので一概にはどれがいい、
という事は述べられませんが、詳細やデメリットをしっかりと先生と
お話して設計を考えていくことをお勧めします。

参考にして頂ければ幸いです

https://okwave.jp/qa/q1642822/a26527002.html

2018/6/4 19:32
審美歯科~前歯の神経を抜く
Q: 虫歯からではない歯髄炎になり、前歯の神経を抜かなければなりません。
その前歯は、三年前こけた時に折れてしまい、
既に3分の1は欠けた所にレジンをつけています。
神経を抜いてしまったら、歯は黒く?黄色?
ハリセンボンのはるかさんのようになりますか?歯茎の色も気になります。
何年くらいで色は変わりますか?
ギリギリまで自分の歯を削りたくないので
歯が黒くなってからセラミッククラウンに代えても良いのかなと思っています。
年月が経っても神経抜いた歯の強度でもクラウンは可能ですか?

クラウンにした際、歯茎の黒いのは治りますか?
歯茎の色のことを考えると、黒くなる前にセラミッククラウンにしたほうが良いのでしょうか。

歯は代えれば白くなるかもしれませんが、
神経がなくなって出来た歯茎の色は、どのように消すのでしょうか。
A: 高輪クリニックの歯科医師です。
神経を取った歯は、時間が経てば着色などで色は変色しやすくなります。
個人差があるので何年でなるとは言いきれないです。
セラミッククラウンを入れる時期は、神経を取った後に入れた方が良いと思います。
時間がたてば歯も弱くなり破折してくる可能性もあるので早めに治療された方が良いと思います。
歯茎の色は脱色やレーザー治療で治す事も可能です。
一度近くの歯科医院さんに相談してみてはいかがでしょうか!

https://okwave.jp/qa/q9504454/a26524407.html

2018/6/2 17:16
虫歯からではない歯髄炎
Q: 虫歯からではない歯髄炎になりました。
三年前ほどに折れた歯が歯髄炎になりました。
神経まではいっておらず折れたところにはレジンをつけています。
一度取れたため、つけ直しからは1年ってはいません。
記憶を遡って、原因を考えています。
質問ですが、虫歯からではない歯髄炎が痛むまで何日くらいかかるものでしょうか?
虫歯は外から?長期かかると思いますが‥‥。
〈折れた歯から菌が入ったのか
〈電流でなる〉と、書いてあったので皮膚科で行っているエステのイオン導入からもなるのか考えています。〉

A: 度々失礼します。
ご質問にお答えします。
(1)イオン導入のエステで歯髄炎になった可能性は低いのでしょうか?
→詳しくエステの施術内容を把握してないので分かりませんが、
イオン導入が原因で歯髄炎になった可能性は低いかと思います。
外傷歯は歯髄が狭窄後壊死する可能性もあります。
もともと歯髄炎を生じていた歯牙が、
イオン導入の刺激によって痛みを誘発した可能性はあるかもしれません。
しかしながら、これは可能性のお話にすぎませんが、、

参考までに
https://okwave.jp/qa/q9504282/a26522249.html

TOP