医療法人社団 癒合会(品川) | 診療を分断せず内科・皮膚科/歯科の両面からアプローチするクリニック

OKWAVE Q&A

歯肉炎や歯の根元にたまった膿などに関する回答2件

抜歯や歯のグラグラ、歯科治療に関するご質問に、当院医師が回答をした記事を掲載しております。歯肉炎や歯の根元に膿が溜まっていると言われてしまった方は、こちらの回答もご覧ください。

回答日:2018/06/01-2018/06/15

カテゴリ:歯科

2018/6/1 11:08
歯の神経が膿に触っていたら抜歯は必要ですか?
Q: 三本ブリッジで、真ん中の歯の上の歯茎に膿が溜まっています。
ブリッジの支えている方の歯の神経?が膿に触っているので抜歯が必要だといわれました。
2本歯がない状態になるので、2本のインプラントをすすめられました。
非常に高額でした。
質問は、神経?が膿に触っているだけで抜歯は必要でしょうか?

A: 高輪クリニックの歯科医師です。
抜歯が必要になるケースは、歯根が割れているか、歯を支えている骨が無くなっている場合が多いです。
歯の根元に膿が溜まっているだけなら、根の治療で治るケースも考えられます。
一度他の歯科医院さんでセカンドオピニオンを受けてみることをお勧めします。

https://okwave.jp/qa/q9379688/a26520971.html

2018/5/29 19:37
歯の揺れ
Q: 虫歯治療で受診中ですが、先週銀の型をはめこみました。
翌日から上の前歯6本が舌で触るとピキっと少し動きます。
鏡を見て舌で押してみると動いたように見えません。
指でつまんでもはっきりと動いてるように見えません。
これは歯が抜けてしまう前兆なんでしょうか?
ちなみに歯科初診の時に、検査をしてレントゲンは特に何も言われなかったのですが、
前歯の歯周ポケット2~3ミリで軽い歯肉炎と言われました。

A: 高輪クリニック下川です。
歯が動く場合はかぶせ物、もしくは土台が外れかけているか、
かみ合わせが強く根のところに負担がかかっていることが予想されます。
歯周ポケットが2~3ミリということは、歯が抜ける前兆ではないので、ご安心ください。
おそらくかみ合わせを調整すれば、改善すると予想いたします。

https://okwave.jp/qa/q9496416/a26518321.html

2018/6/14 14:16
現役の歯医者さんに質問です。

Q:現役の歯医者さんに質問です。
前歯が怪我で欠けて斜めになっています。
この斜めになっているのをドリルで水平にして貰うことは出来るのでしょうか?
さらに削って水平にするということです

A: こんにちは、高輪クリニックの会田です。
欠けて斜めになってしまった歯を削り、水平にすることは簡単にできます。
ただ多くの歯科医はそれを推奨しないと思われます。
理由として最も大きなものは審美障害です。削って隣の歯に近い形にならすというのは
質問者様が考えている以上に見た目のイメージが変わってしまう可能性が高いものです。
考えられる治療方法としては、他の回答者様がおっしゃるように光で効果するコンポジットレジン
という樹脂の材料で歯を修復する方法かラミネートベニアと言われる薄いセラミックを
付け爪のように歯に接着させる方法の2つが主だったものです。

削ってしまった歯は決して元には戻らないので処置をされる前に
よく担当医と話し合われることをおすすめします。

https://okwave.jp/qa/q9497448/a26534219.html

2018/6/14 15:33
下顎後退
Q:私は以前矯正をしていて、そこで下顎後退と診断されました。
矯正の先生からはこれ以上矯正やっても進まないから終わり、
と言われ矯正が終了しました。
しかし下顎は矯正前よりも下がった感じがするしそこに関しては、
これ以上できないというように言われました。
しかしその後自分でいろいろ調べられるようになりネットなどを見ていると
下顎後退を外科手術で治療している人がいました。
これなら私も治療できるのでは?と思ったのですが、どうなんでしょうか...
これは病院を変えて見てもらったほうがいいのでしょうか。
それとも以前矯正で行ってたとこのように、
できないと言われて終わってしまうのでしょうか。
また断られたらと思うとなかなか行けません。少しでもアドバイスお願いします。
ちなみに下顎後退の度合いも軽くはなく難しいと言われてきました。
角度が結構急になってしまっているようです。

A: こんにちは、高輪クリニックの会田です。
矯正治療の中には歯を動かすだけの治療もあれば骨格的な不正で
うまく噛み合わない問題を外科処置と歯の矯正の合わせ技で治す方法があります。

外科矯正に関しましては、矯正医と外科医の連携が必要になり、
手術自体も入院などが必要になるためかかりつけの矯正医と外科のできる大きな病院の連携、
もしくは大学病院内で両方を完結させることが必要になります。

前の先生にこれ以上は無理と言われてしまったのであれば、
別の矯正医に相談し、現状からどんな状態になりたいのかを
よく相談されるのがよいと思います。
ゴールの設定によって治療方法などは変わってきます。
たとえ相談された医院での治療が難しくても心ある医師であれば
治療可能な医院を紹介して頂けると思いますよ。

https://okwave.jp/qa/q9508212/a26534266.html

2018/6/15 8:08
C2の虫歯治療方法について
Q: 虫歯の状況は二週間前に噛んだときに一瞬痛みを感じ、
掛かりつけ歯医者に診断してもらてレントゲンで見てもらいました。
結果、C2で上顎の右の5番と6番の間で、同じく左の6番と7番の間に虫歯ができているそうです。
通常だと削って被せる方法ですが、ドックベストセメント治療、
3Mix法などの削らない方法を知り気になっています。
これらの方法は治療した後の歯のケア次第だと思いますが、
被せて再発性と持続性を考え上で通常の方法(個々の歯医者技術によって)と
比較したら元の歯の状態を保てるはどちらのだと思われるでしょうか?

A: こんにちは、高輪クリニックの会田と申します。
ドックスベストセメント治療、3mix治療は虫歯が歯髄(歯の神経、血管組織)に
近く虫歯を取りきることで歯の根の治療が必要になり大きく歯を削らなければいけなくなってしまう
可能性がある時に保存的に行う処置になります。
簡潔に言いますとC2の処置がC3の処置になってしまいそうな時に使う方法です。
そういった方法もありますがC2の確実な処置は一度ですべての虫歯を取りきってしまうことです。
ですから虫歯を取りきった上でどういった材料で修復をしていくかが
質問者様が気にされている「元の歯の状態をいかに保つか」「治療後の予後はどうか」に
大きく関わってくると思いますよ。
虫歯の取り方だけでなくその後の修復方法についても
よく相談されるとよいかと思われます。

https://okwave.jp/qa/q9489849/a26534907.html

TOP