再生医療の豆知識

薄毛対策 ゆるい糖質制限OK 過度の糖質制限NG

2018年12月28日

糖質制限でダイエットするというのが随分、話題になりました。ただ、過度の糖質制限によるダイエットは健康を害するともいわれ、髪にも悪影響を与え、薄毛を進行させてしまうようです
しかし、正しく行えば、ダイエットの成功とともに薄毛を改善させることも可能です。
糖質制限をうまく活用する方法をこれから説明いたしましょう。

糖質制限とは?

糖質制限とは?
三大栄養素といわれるものに糖質・脂質・タンパク質があります。そのうちの糖質を制限することで病気を改善したり、健康を維持していこうというのが糖質制限です。
血糖が高くなる糖尿病や糖質の摂り過ぎが原因の脂肪肝、肥満などに非常に効果的な方法です。
ところが糖質も三大栄養素の一つといわれるぐらいですから、減らせばいいというものではありません。きちんと摂らなければ、生命維持が危ぶまれます。

糖質制限はダイエット効果が逸早く出るため、過度に行う人が増えてしまいました。そのため、健康を害したり、薄毛を進行させてしまったりした例も少なくありません。
過度の糖質制限中に亡くなられた人がおられましたが、死亡と糖質制限の因果関係はまだ明らかになっていません。

とはいえ、適度な、ゆるい糖質制限であれば、健康寿命の延長、髪の健康維持に有効ということはそれぞれの専門医、研究者たちは認めています。
そこで、なぜ、過度の糖質制限がNGであり、ゆるい糖質制限はOK、髪の健康維持にも効果的なのかを説明します。

糖質を摂り過ぎた場合…

糖質というと、甘いスイーツなどが頭に浮かびますが、ごはん、パン、イモ類など甘くなくても糖質が多く含まれています。
激しいスポーツをするアスリートたちにとって、最高のパフォーマンスを行うために効率よくエネルギーになる糖質はたいへん重要な栄養素です。
普通の生活をする私たちが必要以上に糖質を摂り過ぎると、太るだけでなく血管や臓器にも大きなダメージを与えてしまいます。

糖質を摂ると、インスリンが膵臓から分泌されます。
取り込まれた糖質は肝臓や筋肉の中でグリコーゲンに。いつエネルギーとして使われてもいいように待機しています。
しかし、どんどん糖質が体内に入って肝臓に納まりきらなくなると、中性脂肪として蓄積されることになり、肝臓などの臓器に付着し、血糖値だけでなく中性脂肪値も高くなります。このまま、放置すれば、メタボへ一直線。
全身の血管の動脈硬化が始まり、当然ながら、発毛の毛母細胞の周辺の毛細血管にも動脈硬化が。血流低下で発毛、育毛はスローダウンとなります。

では、糖質が少量以下しか入ってこないとなると、どうなるでしょうか?

糖質が少な過ぎると……

糖質が少な過ぎると……
健康な人で糖質制限を行う人は大体、ダイエットが目的です。一般人は通常、全体のカロリーの40〜50%程度の糖質を摂ります、そのため、糖質を減らすと、あれよあれよと体重が減っていきます。

しかし、糖質が一日20g (ごはん茶碗1/3ぐらい)以下という行き過ぎた糖質制限を医師の監視下なしに続けた場合、体の中でどういうことがおきるのでしょうか?

先ずは希望通り、体重はどんどん減っていきます。
ところが、過度の糖質制限をいつまでも続けていると、糖質をエネルギー源にしている脳や神経組織などは糖質が十分に入ってこないため、だんだん、働くことができなくなります。このままでは体は壊れます。生命存続に危機を感じた肝臓はタンパク質を糖に変えます(糖新生)。
この時期には抜け毛も増え、残っている髪は細くなり、これもやがては抜けていくことになります。

要するに、タンパク質で成り立っている筋肉や臓器が自分の身を削って糖質を作ります。筋肉がおちた体はいくら体重が減ってもかっこいいとはいえませせん。
髪もケラチンというタンパク質でできています。
糖質がごく少量しか入ってこないため、肝臓は生命存続のための糖新生に忙しくてタンパク質の材料であるアミノ酸などを作る余裕がなく、減少した髪への修復作業は後回しです。
その間にどんどん、薄毛が進行していきます。

結局、糖質は摂り過ぎても制限しすぎても薄毛を進行させます。
では、どのような方法が一番、髪を健康にしてくれるのかということになります。
それが「ゆるい糖質制限」です。

薄毛改善に良い「ゆるい糖質制限」をやってみよう

病院で栄養士が考案した糖質制限食であれば、やりやすいでしょうが、自宅でやる場合は自分が今まで食べてきたものから大雑把にゆるく糖質を抜いていくことをおススメします。緻密にやると、三日坊主になりそうですから。
ゆるい糖質制限は継続してこそ効果があります。

●一日三回の主食を二回にする
●日本酒やビールなど高糖質のお酒を低糖質のお酒に変える(焼酎、低糖質ビールなど)
●GI値の低い食材を選択:食後高血糖を予防する(GI値:食品が体内に入り、その中にある糖質が吸収されたときの血糖上昇度合いを表す値:GI値が高い食品ほど血糖値も上昇)
●先に野菜など食物繊維を含む食材を食べ、糖質はいちばん最後に食べる(ベジファースト)
●脂質と一緒に摂ると血糖上昇を遅らせることができる
●コーラーやサイダーなど糖質の多い炭酸飲料を控える
●スイーツは控える(どうしても食べたい時は和菓子よりも洋菓子を少々)

その他、果物を食べ過ぎない、のどの渇きはお茶で解消など色々、自分の生活習慣を省みながらできるのがゆるい糖質制限です。健康的にダイエットができるだけでなく、髪の健康維持にも最適な方法です。
厳格な糖質制限はおススメではありませんが、ダイエットには非常に効果的であるため、医師の指導を受けながらであれば、有効なダイエット法の一つといえます。
ただ、自己判断でやるのは非常に危険な行為なのでやらないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ダイエットしたい場合、髪のことまで考えると、ゆるい糖質制限以外の選択肢はあまりないように思います。
もちろん、ゆるい糖質制限は薄毛改善のための再生医療を確実なものにするための有効手段であることは間違いありません。


^